ご利用可能な各種お支払方法

  • JCB
  • VISA
  • Master Card
  • American Express

さぬきうどんの美味しいお召し上がり方

さぬきうどんの美味しいゆで方

ゆで方一つで、うどんのツヤやコシが変わることを知っていますか?
せっかく食べるなら、正しいゆで方で美味しく味わいたいものです。
「美味しいお召し上がり方」を参考に、お店の味をご家庭でもお楽しみください。

(1)たっぷりのお湯でゆでましょう

うどん100gに対して、水1リットルが基本です。
うどんが300gなら、水は3リットル。たっぷりのお湯でゆでましょう。
うどんを入れてもあふれないように、鍋は大きめのものがおすすめです。

ここがポイント

うどんが泳げる大きな鍋でゆでるべし!

(2)沸騰したお湯にうどんを入れます

お湯がよく沸いたら、うどんを入れます。
袋から出したうどんをそのままそっと湯の中に入れます。
うどんを無理にほぐしたりしないようにしましょう。

【ポイント】
鍋にうどんを入れたら、ふたをします。
このときに箸でかき混ぜないようにしてください。
※箸でかきまぜると、うどんが短く切れてしまいます

ここがポイント

鍋にふたをして静かに待つべし!途中で混ぜるのはNG

(3)鍋のふたを開けます

うどんお湯に入れてから2~3分ほど待ち、浮き上がってきたら、ふたを開けましょう。
ここでも箸で混ぜないように、ぐっと我慢します。
ふきこぼれそうになったら、火を弱めて調節しましょう。
※差し水はお湯の温度が下がってしまうのでしないでください

ここがポイント

沸騰したら火加減で調整すべし!差し水は絶対NG

(4)最後にもうひと手間!

最後に軽く箸で混ぜて、ゆであがりです。
「釜あげ」で食べる場合は、鍋から直接、器に盛り付けて、ゆで汁も器に入れます。
「かけ」「ぶっかけ」「ざる」などで食べる場合は、ゆで上がったうどんを冷水でしっかり洗います。ヌメリがなくなるまでが目安です。

美味しくする最後のひと手間

茹でた麺を流水でしっかりぬめりを取って締めたら、エッジの立ったコシの強い、喉ごしのよいさぬきうどんのできあがり。
お好きな食べ方でお召しあがりください。

【温かいうどんとして召しあがる場合】
食べる直前に再度軽く湯通ししてから麺を丼に入れ、トッピングをのせ、熱々のだしをかけてお召しあがりください。

【冷たいうどんとして召しあがる場合】
流水で締めたうどんをそのまま丼(またはザル)に取り、トッピングをのせ、冷々のつけだしでお召しあがりください。

ここがポイント

ゆであがった麺を流水でしっかり洗うべし!
※釜あげうどんは洗う必要なし
※釜からあがった麺を水洗いせず、そのまま卵に醤油をかけて食べるのが釜玉うどん、つけだしで食べるのが釜あげうどん